大型汎用機用オペレーティングシステム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数602
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「オペレーティングシステムの種類について」
    ここでは、大型汎用機用・サーバ、ワークステーション用・パーソナルコンピュータ用・ハンドヘルドコンピュータ用・マイクロコンピュータ用のオペレーティングシステム(以下、OSと呼ぶ)について述べていきたい。
    まず最初に、大型汎用機用OSは、機種毎に固有に存在するが、同型期間での関連性はある。IBM社はMVSと呼称している。
    また、ネットワーク全体を維持する働きをするサーバ、ワークステーション用OSは、3種類ある。一つ目のOSは、UNIXといい、1969~1971年にアメリカの電話会社AT&T社のベル研究所で開発し1974年に公開した。これは、ARPAの研究から派生し、現在では、UNIX風のシステム体系を持ったOSを総合的にUNIXと呼ぶことが多い。また、廉価で販売され、多くの人が開発改良に参加した。このは、C言語で記述されたためあるパソコンで使われているものをほかのパソコンに移すといった移植性が高く、ネットワーク機能や安定性に優れ、セキュリティー強度が高い。そして、ネットワークを通じて端末機から作業ができたり、一台のコンピュータを複数の人間で同時に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。