人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,378
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。」
    人間の行動は、周りの状況や環境によって影響される。しかし、環境の諸条件が全く同じであっても、そのときの個人の行動や思考が同一であるとは限らない。
     「人格」とは、その人の行動や思考の基準であり、それぞれの個人に特徴的な、また一貫した持性をもった性質であるといえる。広義の概念としては、独立した個人としてのその人の人間性。その人固有の、人間としてのありかた。すぐれた人間性。また、人間性がすぐれていること。心理学で、個人に独自の行動傾向をあらわす統一的全体。性格とほぼ同義だが、知能的面を含んだものがある。一般的に心理学でいう人格とは、道徳的な意味での「良い、悪い」の価値評価をもっっていない。ごく簡単にいえば、人としての性格としての特性、すなわち「その人らしさ」という意味で取り扱っている。 
    人格形成に関与する要因は複雑であるが、大きく遺伝的要因・個体的要因・環境的要因の3つに分けて考えることができる。ここでは、特に人格形成に影響を与える環境要因について述べる。
    1家庭的要因について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格形成に及ぼす環境要因とその役割について述べよ。」
    人間の行動は、周りの状況や環境によって影響される。しかし、環境の諸条件が全く同じであっても、そのときの個人の行動や思考が同一であるとは限らない。
     「人格」とは、その人の行動や思考の基準であり、それぞれの個人に特徴的な、また一貫した持性をもった性質であるといえる。広義の概念としては、独立した個人としてのその人の人間性。その人固有の、人間としてのありかた。すぐれた人間性。また、人間性がすぐれていること。心理学で、個人に独自の行動傾向をあらわす統一的全体。性格とほぼ同義だが、知能的面を含んだものがある。一般的に心理学でいう人格とは、道徳的な意味での「良い、悪い」の価値評価をもっっていない。ごく簡単にいえば、人としての性格としての特性、すなわち「その人らしさ」という意味で取り扱っている。 
    人格形成に関与する要因は複雑であるが、大きく遺伝的要因・個体的要因・環境的要因の3つに分けて考えることができる。ここでは、特に人格形成に影響を与える環境要因について述べる。
    1家庭的要因について
    子どもの人格形成に、家庭環境の影響は極めて重要である。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。