集団援助技術(グループワーク)の原則と過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,440
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。」
     集団援助技術(グループワーク)の理論にはさまざまなものがあるが、以下では、これらに共通する原則と援助過程について述べる。
     1、集団援助技術の意義
     人間は社会的存在である、あるいは社会的動物である、といわれている。このことは、人間が社会に深く依存していること、人が人間として発達する際に社会が重要な役割を果たしているということを意味している。
     A.H.マズローは、ヒューマン・ニーズの階層を唱えた。「生理的欲求」、「安全欲求」、「所属欲求や愛情欲求」、「承認や自尊の欲求」、「自己実現の欲求」である。このような個人的欲求は、集団との関係のなかで相互作用によって満たすことができる。集団援助技術では、これらの欲求をより十分に満たすようにグループを媒介として援助し、かつこれらの欲求に満たされない人々にはこれを獲得するように援助していく使命がある。
     集団援助技術は、グループの利用者同士の相互作用を意図的に活用していく援助実践である。しかし、グループの力は、建設的力な面と破壊的な面があるので「諸刃の剣」といわれている。利用者同士の相互作用のなかに、常にプラスの力、すなわち治療教育的力を最大限に生み出していく援助が必要である。
     2、集団援助技術の定義・理論モデル
     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。」
     集団援助技術(グループワーク)の理論にはさまざまなものがあるが、以下では、これらに共通する原則と援助過程について述べる。
     1、集団援助技術の意義
     人間は社会的存在である、あるいは社会的動物である、といわれている。このことは、人間が社会に深く依存していること、人が人間として発達する際に社会が重要な役割を果たしているということを意味している。
     A.H.マズローは、ヒューマン・ニーズの階層を唱えた。「生理的欲求」、「安全欲求」、「所属欲求や愛情欲求」、「承認や自尊の欲求」、「自己実現の欲求」である。このような個人的欲求は、集団との関係のなかで相互作用によって満たすことができる。集団援助技術では、これらの欲求をより十分に満たすようにグループを媒介として援助し、かつこれらの欲求に満たされない人々にはこれを獲得するように援助していく使命がある。
     集団援助技術は、グループの利用者同士の相互作用を意図的に活用していく援助実践である。しかし、グループの力は、建設的力な面と破壊的な面があるので「諸刃の剣」といわれている。利用者同士の相互作..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。