個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,062
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ。」
     
    個別援助の対象は「個人または家族」であり、彼らが自らの力で解決不可能となった生活困難な状況及びそれを生み出している生活環境全般にある。これら困難状況における生活ストレスを緩和するためには、援助者は個人と生活環境の相互関係に着目し、改善に向けて両者の接点に積極的に働きかける。個人に対しては、生活環境への適応が可能になることを目指し、パーソナリティの発達や安定を図り、対処能力を高めていく。一方で生活環境の不利な点の改善を図るために、地域社会のあらゆる資源を動員する。
    個別援助技術を以上のようにとらえ、援助者の問題の解決・緩和を図ろうとするとき、援助者と利用者の援助関係をどのように形成するかは、援助を効果的に展開する上できわめて重要である。社会福祉援助技術の原理・原則は広範囲にわたるが、ここではFバイスティックが挙げた7原則を中心に述べる。
    1、個別援助技術の原則 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「個別援助技術(ケースワーク)の原則と進め方について述べよ。」
     
    個別援助の対象は「個人または家族」であり、彼らが自らの力で解決不可能となった生活困難な状況及びそれを生み出している生活環境全般にある。これら困難状況における生活ストレスを緩和するためには、援助者は個人と生活環境の相互関係に着目し、改善に向けて両者の接点に積極的に働きかける。個人に対しては、生活環境への適応が可能になることを目指し、パーソナリティの発達や安定を図り、対処能力を高めていく。一方で生活環境の不利な点の改善を図るために、地域社会のあらゆる資源を動員する。
    個別援助技術を以上のようにとらえ、援助者の問題の解決・緩和を図ろうとするとき、援助者と利用者の援助関係をどのように形成するかは、援助を効果的に展開する上できわめて重要である。社会福祉援助技術の原理・原則は広範囲にわたるが、ここではFバイスティックが挙げた7原則を中心に述べる。
    1、個別援助技術の原則 
    「個別化」ワーカーがクライエントのパーソナリティ、生育歴、環境、能力等の違いに基づく個別性をよく理解する。
    「意図的な感情表現」クライエントが自分自身の感情、と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。