地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,319
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ」
     
     社会福祉発展の過程における生活問題や貧困問題の解決方法や考え方は、日本の社会構造や固有な意識に影響され発展してきた。その過程には、高度産業社会への発展という歴史的・構造的な背景が根底にある。したがって、欧米の福祉思想の影響を受けながらも、わが国の社会事業・社会福祉は固有な特徴を持ってきたといえる。
     地域福祉の源流としての思想ては、セツルメント活動での、地域社会に「住み込み、問題解決を図る」という視点が挙げられる。戦後の社会福祉の理論化と実践において、欧米の理論の導入が積極的に図られた。戦後の福祉の成立を考えるとき、三浦文夫の整理が参考となる。それは、社会福祉(社会事業)の発展と拡大の過程における「社会福祉が救貧的なものから防貧的なものへと転換」するという視点と、「社会福祉の対象の拡大と社会福祉制度の拡大」という二つの視点である。さらに、社会福祉成立の第一段階では、“救貧制度としての社会福祉”から“防貧制度としての社会福祉”へと転換してきたことになる。第二段階では社会福祉ニードを“貨幣的ニード”から“非貨幣的ニード”へと社会福祉の内容が変容してきたとされている。
     わが国での地域福祉の実体化の進行は、イギリスのシーボーム改革の影響が大きい。それは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉の概念規定における機能的アプローチと構造的アプローチについて述べよ」
     
     社会福祉発展の過程における生活問題や貧困問題の解決方法や考え方は、日本の社会構造や固有な意識に影響され発展してきた。その過程には、高度産業社会への発展という歴史的・構造的な背景が根底にある。したがって、欧米の福祉思想の影響を受けながらも、わが国の社会事業・社会福祉は固有な特徴を持ってきたといえる。
     地域福祉の源流としての思想ては、セツルメント活動での、地域社会に「住み込み、問題解決を図る」という視点が挙げられる。戦後の社会福祉の理論化と実践において、欧米の理論の導入が積極的に図られた。戦後の福祉の成立を考えるとき、三浦文夫の整理が参考となる。それは、社会福祉(社会事業)の発展と拡大の過程における「社会福祉が救貧的なものから防貧的なものへと転換」するという視点と、「社会福祉の対象の拡大と社会福祉制度の拡大」という二つの視点である。さらに、社会福祉成立の第一段階では、“救貧制度としての社会福祉”から“防貧制度としての社会福祉”へと転換してきたことになる。第二段階では社会福祉ニードを“貨幣的ニード”から“..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。