社会福祉援助活動の意義と社会的機能について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数835
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「社会福祉援助活動の意義と社会的機能について述べよ」
    福祉ニーズという用語は、これまでにも多くの論者によって定義されてきた。一般的には、「人間が社会生活を営むために欠かすことのできない基本的用件を欠く状態」とらえられる。ここでは、「福祉サービス利用者が社会生活機能を維持したり、あるいは、高めたりするために、サービス提供主体の公私の形態を問わずに、一定の量や質の福祉サービスや社会資源を必要とする状態をいう」と定義する。
    福祉サービスの多様化に伴い、福祉ニーズの分類も多様である。潜在的ニーズと顕在的ニーズは、前者が社会の一定の基準から見て必要性(ニーズ)があると思われるのに、ニーズの存在が自覚されていない状態をいうのに対して、後者はそのニーズの存在を自覚している状態をいう。
    A.H.マズローは、人間のニーズの階層を提示した。第一段階は、「生理的なニーズ」であって、息をする、食べる、飲む、眠る、排泄する、運動する当のニーズを満たそうとするものである。第二は、「安全と安心のニーズ」であって、安心、安定、依存、保護、恐怖、不安、混乱からの自由、構造・秩序・法・制限を求めるニーズなどを指し、安全を得ようとしたり、不確実な状況を回避し、安定を得ようとするニーズである。第三者は、「所属と愛情のニーズ」であって、家庭や学校、あるいは職場などの集団に所属し、そこで受容され、友情や愛情を得たいとするニーズである。第四者は、「自尊のニーズ」であって、自分がかけがえのない人格を持つ価値ある存在として他社からの尊敬を得たいとするニーズである。以上の段階は、低次のニーズあるいは欠乏へのニーズといわれるもので、あらゆる人間に不可欠のニーズである。第五段階は、「自己実現のニーズ」であって、成長や発達の機会を得て、顕在的及び潜在的能力の活用を図り、自己の持つ可能性を最大限に追求し、本来の自己を実現した意図するニーズである。
    マズローは、基本的ニーズの前提条件には、「言論の自由、他人に危害を加えない限りしたいことをする自由、自己実現の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助活動の意義と社会的機能について述べよ」
    福祉ニーズという用語は、これまでにも多くの論者によって定義されてきた。一般的には、「人間が社会生活を営むために欠かすことのできない基本的用件を欠く状態」とらえられる。ここでは、「福祉サービス利用者が社会生活機能を維持したり、あるいは、高めたりするために、サービス提供主体の公私の形態を問わずに、一定の量や質の福祉サービスや社会資源を必要とする状態をいう」と定義する。
    福祉サービスの多様化に伴い、福祉ニーズの分類も多様である。潜在的ニーズと顕在的ニーズは、前者が社会の一定の基準から見て必要性(ニーズ)があると思われるのに、ニーズの存在が自覚されていない状態をいうのに対して、後者はそのニーズの存在を自覚している状態をいう。
    A.H.マズローは、人間のニーズの階層を提示した。第一段階は、「生理的なニーズ」であって、息をする、食べる、飲む、眠る、排泄する、運動する当のニーズを満たそうとするものである。第二は、「安全と安心のニーズ」であって、安心、安定、依存、保護、恐怖、不安、混乱からの自由、構造・秩序・法・制限を求めるニーズなどを指し、安全を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。