社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数562
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ。」
     社会福祉援助技術とは、その人がその人らしく生き、自らの目標とするよりよい生活に近づくことへの支援過程を展開する方法である。利用者を理解し、ともに課題の解決を追求する専門的で科学的な支援の姿勢や態度、行為や行動の過程そのものである。
     社会福祉援助技術は、大きく直接援助技術・間接援助技術・関連援助技術に分けられる。
     1.直接援助技術
    直接援助技術は、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)から成り立つ。
    個別援助技術とは、援助者が利用者それぞれの生活に応じた個別の対応を専門援助といて行う方法をいう。その展開過程を「開始期」、「作業期」、「終結期」の3段階に分けて考察する。
    ①援助の開始期
    インテーク:実際の援助を提供していくための準備作業を行う段階である。問題に対して必要な情報を収集し、利用者の現在の問題状況、主張、要求などを明確にする。
    アセスメント:問題解決のための援助を始めるにあたっての事前の評価である。利用者の置かれている問題状況やクライエント自身についての基礎的な情報を得て、処遇方針やその方向性を検討するため、できるだけ早く効果的に十分な情報の収集をする。
    プランニング:援助処遇の方向性や焦点を定め援助の一貫性を保ち、さらにガイドラインを示し、計画的に効率的な処遇を行う。
     ②援助の展開期
    「介入」:従来、社会福祉援助活動では、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助の技術と援助過程について述べよ。」
     社会福祉援助技術とは、その人がその人らしく生き、自らの目標とするよりよい生活に近づくことへの支援過程を展開する方法である。利用者を理解し、ともに課題の解決を追求する専門的で科学的な支援の姿勢や態度、行為や行動の過程そのものである。
     社会福祉援助技術は、大きく直接援助技術・間接援助技術・関連援助技術に分けられる。
     1.直接援助技術
    直接援助技術は、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)から成り立つ。
    個別援助技術とは、援助者が利用者それぞれの生活に応じた個別の対応を専門援助といて行う方法をいう。その展開過程を「開始期」、「作業期」、「終結期」の3段階に分けて考察する。
    ①援助の開始期
    インテーク:実際の援助を提供していくための準備作業を行う段階である。問題に対して必要な情報を収集し、利用者の現在の問題状況、主張、要求などを明確にする。
    アセスメント:問題解決のための援助を始めるにあたっての事前の評価である。利用者の置かれている問題状況やクライエント自身についての基礎的な情報を得て、処遇方針やその方向性を検討する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。