精神療法及び環境・社会療法について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,290
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ」
     精神医学における治療法は、身体療法、精神療法、及び環境・社会療法の三つに大別される。このうち身体療法は、薬物治療や電気ショック療法などといった医師のみが行うことのできる身体医学的手法によるものである。精神療法及び・社会療法は、医師以外にも行うことのできる人文科学的手法によるものである。精神障害の発病や経過などは、環境や社会の影響を大きく受けることが知られており、悪化や再発を防止するためにも患者の周囲の人や生活環境も含めて改善していかなければならない。そのため、近年では精神療法及び環境・社会療法もが重要視されるようになってきた。以下では、精神療法及び環境・社会療法について述べる。
     1 精神療法
     精神療法とは、心理学的方法によって精神病者の病状の沈静治癒を図る治療法である。治療者は必ずしも医師である必要はないが、あらかじめよく訓練されており、患者との間に職業的関係が成り立っている必要がある。
    精神分裂的精神療法
     フロイトによって見いだされた、神経症の病因と治療法に関する理論、ならびにそれに基づく精神構造一般についての理論体系を精神分裂という。精神分裂は、主に神経症の患者を対象として週に4日以上患者を寝椅子に座らせて自由連想を書きとめて患者の心を分析していく。また、適応症を人格障害や気分障害などに広げ、週に2~3回寝椅子を用いずに、より柔軟な方法での面接で精神を分析していく方法を精神分裂的精神療法という。これらの療法は、患者の自己洞察力を高め、人格構造の変化をもたらすことで、精神症状の形成に関わる無意識葛藤に由来する不安とその防御機制を解決することを目標としている。
    認知療法
     主観的体験がある特定の感情と結びついていると捉えると、ある種の神経症の患者はその状況の認知と反応が食い違っている場合が多い。この認知歪曲のパターンから患者の心的態度を解明し、修正を図るのが認知療法である。認知療法は、患者自身に精神症状のもととなる認知歪曲を気づかせ、非合理的な自動思考を変化させることを目的としている。
    行動療法
     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神療法及び環境・社会療法について述べよ」
     精神医学における治療法は、身体療法、精神療法、及び環境・社会療法の三つに大別される。このうち身体療法は、薬物治療や電気ショック療法などといった医師のみが行うことのできる身体医学的手法によるものである。精神療法及び・社会療法は、医師以外にも行うことのできる人文科学的手法によるものである。精神障害の発病や経過などは、環境や社会の影響を大きく受けることが知られており、悪化や再発を防止するためにも患者の周囲の人や生活環境も含めて改善していかなければならない。そのため、近年では精神療法及び環境・社会療法もが重要視されるようになってきた。以下では、精神療法及び環境・社会療法について述べる。
     1 精神療法
     精神療法とは、心理学的方法によって精神病者の病状の沈静治癒を図る治療法である。治療者は必ずしも医師である必要はないが、あらかじめよく訓練されており、患者との間に職業的関係が成り立っている必要がある。
    精神分裂的精神療法
     フロイトによって見いだされた、神経症の病因と治療法に関する理論、ならびにそれに基づく精神構造一般についての理論体系を精神分裂と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。