憲法の定める自由権(特に精神的自由)についてのべなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,178
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

         「憲法の定める自由権(特に精神的自由)についてのべなさい」
     基本的人権にとって重要なのは、1776年アメリカの独立宣言と、1789年フランスの人権宣言である。アメリカの独立宣言は、「すべての人間は、平等に造られている」といい、これを自明の心理とした。それに続いてフランス大革命のときに国民議会が発した「人間および市民の権利の宣言」は、「すべての人間は、権利において平等である」といった。その後「社会的差別は、公共の利益にもとづいてのみ設けられる」と定めた。そして、この人権宣言に匹敵する影響を後世に与えたのが、ソ連の1918年「勤労被搾取人民の権利の宣言」である。この宣言は社会主義諸国の憲法の先駆をなすものであり、これと対抗して成立したのが、ドイツの1919年「ワイマール憲法」の基本的人権規定である。基本的人権とは、人間として本来もっているとされている権利のことであり、人間は生まれながらにして自由・平等であり、この権利はどのような政治的権力のよっても侵されないとする自然権の考え方を背景としている。
    人権には自由権と社会権がある。自由権とは、国家が個人に対して権力的に介入することを排除して、個人の自由な意見決定と活動とを保障する人権である。「精神の自由」「介在の自由」「人身の自由」の三つに分類される。
     「思想・良心の自由」、「心境に自由」、「集会・結社の自由」、「表現の自由」、「学問の自由」など、精神活動に関する自由権を、「精神の自由」という。そして、この自由権は、一般に、経済活動に関する自由権にくらべて、憲法上いっそう強く保障されていると考えられている。その理由として、精神の自由が民主政治の実現のために欠くことのできないものであるということであるということである。
     まず、民主主義は

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       憲法の定める自由権(特に精神的自由)についてのべなさい
     基本的人権にとって重要なのは、1776年アメリカの独立宣言と、1789年フランスの人権宣言である。アメリカの独立宣言は、「すべての人間は、平等に造られている」といい、これを自明の心理とした。それに続いてフランス大革命のときに国民議会が発した「人間および市民の権利の宣言」は、「すべての人間は、権利において平等である」といった。その後「社会的差別は、公共の利益にもとづいてのみ設けられる」と定めた。そして、この人権宣言に匹敵する影響を後世に与えたのが、ソ連の1918年「勤労被搾取人民の権利の宣言」である。この宣言は社会主義諸国の憲法の先駆をなすものであり、これと対抗して成立したのが、ドイツの1919年「ワイマール憲法」の基本的人権規定である。基本的人権とは、人間として本来もっているとされている権利のことであり、人間は生まれながらにして自由・平等であり、この権利はどのような政治的権力のよっても侵されないとする自然権の考え方を背景としている。
    人権には自由権と社会権がある。自由権とは、国家が個人に対して権力的に介入することを排除して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。