バリアフリーと町の景観について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,148
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     神奈川県の平成14年度年度末共同広報により、「歩道のバリアフリー化が進んでいると思いますか?」という調査が行われた。その結果、全国平均で「進んでいる」が17%「進んでいない」が70%であった。
     現在では、公園や駅などのトイレに段差を無くしたり、建物内に手すりをつけたりと、地域の中にバリアフリー化が広まってきている。しかし、一歩町に出てみるとまだまだ段差は沢山あるし、車椅子用のスロープなどを設置している建物も少ない。
     高齢社会となっている現在だが、なぜ日本はまだまだバリアフリー化が充分ではないのだろうか。
     原因として、まず一つ目は、日本人の価値観が挙げられる。心身が健常でお金や物を生産で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。