社会科教育法科目最終試験:平成10年度版学習指導要領における教育課程改善の基本方針と改訂の趣旨について説明しなさい

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数615
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成10年度版学習指導要領における教育課程改善の基本方針と改訂の趣旨について説明しなさい。
     平成10年12月に小学校学習指導要領の改訂が行われた。今回の改訂は、昭和22年に初めて学習指導要領が編集・刊行されてから6回目の全面改訂である。この全面改訂の背景には、いじめや不登校の問題、学校外での社会経験の不足などの問題、21世紀より複雑化する社会を踏まえて新しい時代の教育の在り方が問われたことなどが挙げられる。このような背景の下に、
    ①これからの学校教育の在り方として、「ゆとり」のなかで自ら学び自ら考える力などの「生きる力」の育成を基本とし、教育内容の厳選と基礎・基本の徹底を図ること
    ②一人ひと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。