国語科概論 科目最終試験 「音読」の指導の工夫について、具体的な例を示して述べなさい。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数488
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「音読」の指導の工夫について、具体的な例を示して述べなさい。
    まず、音読をするにあたって、読むときの姿勢について徹底する。具体的には座って読むときは、背筋を伸ばし、胸を開く。教科書は両手で立てて持つようにさせる。また、立って読むときは、顔の前に教科書を置かないようにする、背筋を伸ばして教科書を両手で持つようにさせる。これらは姿勢についてであるので、音読をする前に毎回確認をとったり、できていない子がいたら注意するなどして、日頃から徹底し癖づけたい。
    音読の指導にあたっては、まず読む回数を増やすこと。それと同時に単に毎回読むだけでは児童もダラダラ読みになってしまうので、よって変化のある繰り返しで、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。