算数科教育法レポート 第1設題 「算数科教育の歴史(黒表紙教科書、緑表紙教科書、水色表紙教科書、単元学習、現代化、ゆとり)について述べ、それらの教育内容を自分の視点で考察せよ。」

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数748
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「算数科教育の歴史(黒表紙教科書、緑表紙教科書、水色表紙教科書、単元学習、現代化、ゆとり)について述べ、それらの教育内容を自分の視点で考察せよ。」
     江戸時代の学校には、主に「武士のための学校」と「庶民のための学校」の2つに分かれていた。前者は幕府直轄の官学と諸侯設立の藩校があり、主に漢文・経書・歴史・詩文を扱い数学に関する内容はほとんどなかった。藩校では政治等・武士としての教育が強かったが、次第に算術・洋学・天文学等の実学志向が強まってきた。また後者では私塾、寺子屋があり、庶民の学校として生活に必要な読み書き、そして算数が重視されていた。このように算数教育の歴史は、江戸時代の庶民の学校寺子屋..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。