教育心理学 科目最終試験 学級における、集団としての心理学的特徴、リーダーシップについて説明せよ。

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,689
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学級における、集団としての心理学的特徴、リーダーシップについて説明せよ
    学級集団は、公式集団としての存在意義をもち、同時に多くの他の集団過程と同じように、非公式集団として生徒間に自然発生的に生じた下位集団に分化されている。構成員である生徒は必ずしも私的集団をつくりあげるのに、意図的、合目的に行動するとは限らない。
     シュマックらは学級の集団過程について、集団の機能として目標達成機能と社会・情緒的機能があり、これらには正・負の方向性があるとしたベールズの集団過程の初期の仕事を基礎にして、次のようにっ集団発達の程度に対応して4つのステージに分けた。
    (ステージ1)生徒は自分自身の安全と他者からの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。