生活科教育法 科目最終試験 生活科のカリキュラム作成のポイントについて述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数660
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科のカリキュラム作成のポイントについて述べよ。
      
     以下のような点に留意し、カリキュラムを作成するべきだと考える。
    1.生活科の趣旨を徹底する
    生活科は具体的な活動や体験を通して、子どもが自ら学び、生きる力を身に付けることを目指している。教師の役割は、子どもを主役にして、子どもの主体的な活動を支援するところにある。したがって一人ひとりの子どもを的確に把握して、それへの正しい対応ができるようにする必要がある。子どもは自らの個性を伸ばしながら発達を遂げていく有能な存在であるという子ども観に立って、子どもの思いを学習の出発点とするカリキュラムの作成が必要である。
    2.地域の教育資源を十分に活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。