生活科教育法 科目最終試験 生活科における「子どもの学びの道筋」について実践事例をとおして述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数432
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科における「子どもの学びの道筋」について実践事例をとおして述べよ。(その実践事例がどの学年のどの内容のものかを明記すること)
    Ⅰ期きっかけ・出会い   
    思いや願いと活動との出会いが、うまく合うと意欲的な取り組みが始まる。ここでは段ボールという素材に出会い、それを使って遊ぶという楽しさに気づき、素材とのつながりができた。そこからイメージを膨らませ、「船を作りたい」ということにつながった。
    Ⅱ期練り上げ・模索・葛藤
    「どうしたらできるかな」「材料は足りるかな」と、子どもたちは自分の作りたいものを模索している。練り上げ・模索・葛藤といった言葉のイメージに代表されるように、子ども自身が考える場と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。