教育の原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数768
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     14~15世紀のヨーロッパは戦争などによる社会不安で荒廃する。中世までのヨーロッパを支配してきた神中心の世界観に不満を感じ始めた人々はとりあえず西洋文明の原点へ立ち戻ってみようと考えたのである。彼らの関心は古代へ向かい、都市国家や世俗的な生活基盤の同質性から古代文化に共鳴するに至る。この運動がルネサンスである。ルネサンスは15世紀初頭のイタリアに端を発し、やがて北欧諸国に広まった。前者をイタリア・ルネサンス、後者を北方ルネサンスと呼ぶ。前者は現世志向が強く、宗教性が希薄であるのに対し、後者は人文主義とキリスト教との密接な結びつきがある。
    ・イタリア・ルネサンスの教育論
     現在の教育につながるいくつかの教育原理がこの時期に生まれている。第1は子どもの興味のあることを教える興味の原理である。第2は学習意欲の尊重である。第3は個人差の尊重である。第4は学校を自主的に運営させる自治の尊重である。第5は体罰の廃止である。
     ルネサンスの時代は反中世的で人間中心の文化として栄えた。そしてこの運動・文化を貫く理念を、当時のローマ人たちがフマニタスと称したことからヒューマニズム(人文主義)と呼ばれる..

    コメント2件

    usi0375 購入
    ルネサンスの教育思想が理解できました。
    2007/08/31 10:26 (9年3ヶ月前)

    himawari1019 購入
    とても参考になりました。
    2007/10/16 17:01 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。