長寿社会での医療・介護市場の育成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数364
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    (要約)
    医療・介護が国を滅ぼすとも言われるが、日本における福祉市場は大きく、新たなビジネスチャンスも存在する。長寿社会は決して負の遺産ではない。国は福祉市場・医療産業を最大限活かせる支援体制を築くべきだ。
    (本文)
    医療・介護現場では人材不足が深刻である。だが、介護福祉士等の有資格者が現場で働いていないことも多く、養成学校への志願者も減少し、学校経営まで深刻となっている。介護報酬を若干アップ改定しても、過去のダウン改定の影響や赤字補填の為に、介護職の待遇改善には程遠く、社会的評価の低さによっても仕事にプライド・希望をもてない環境にある。医療現場では医師不足が深刻で、少子対策が極めて重要でありながら、国民が安心して生活できるには程遠い。こうした現実は地域崩壊にも繋がる訳で、経済・雇用の視点からも福祉分野のマンパワー確保が効果的で、地域の安心を実現出来る制度設計が必要である。医療・介護が国を滅ぼすとも言われるが、この考え方自体を変えなければ、日本が高齢社会を生き抜き、脱することは不可能だと思う。高齢者が多ければ、その分福祉市場は大きく、新たなビジネスチャンスも潜んでいる。以下続く・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題)
    長寿社会における福祉市場の育成
    (要約)
    医療・介護が国を滅ぼすとも言われるが、日本における福祉市場は大きく、新たなビジネスチャンスも存在する。長寿社会は決して負の遺産ではない。国は福祉市場・医療産業を最大限活かせる支援体制を築くべきだ。
    (本文)
    医療・介護現場では人材不足が深刻である。だが、介護福祉士等の有資格者が現場で働いていないことも多く、養成学校への志願者も減少し、学校経営まで深刻となっている。介護報酬を若干アップ改定しても、過去のダウン改定の影響や赤字補填の為に、介護職の待遇改善には程遠く、社会的評価の低さによっても仕事にプライド・希望をもてない環境にある。医療現場では医..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。