全国的な介護の実態調査の必要性について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数494
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (要約)
    社会的背景により孤立する介護者が増大し、特に男性介護者が一人苦しみ悩んだ末、要介護者を殺害する事件が後を絶たない。隠れ介護の存在を拾い上げ、悲劇を未然に防ぐ為のもっと踏み込んだ全国的な実態調査が必要だ。

    (本文)
    少子高齢社会・核家族・女性の社会進出・離婚増加等により、老々介護や現役世代の男性一人での介護といった孤立する介護者が増加している。また、これに比例するように、家族介護者による要介護者の殺害というニュースが連日のように流れ、介護問題は様々な社会問題の原因となっている。先日も私の地元では、認知症の母親の為に仕事を離れ、7~8年間介護をしてきた59歳の息子が、資金不足や介護自体に一人苦しみ、母親を絞殺するという悲しい事件が起こった。介護保険・生活保護とも利用していなかったという。以下続く・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題)
    全国的な介護の実態調査の必要性について
    (要約)
    社会的背景により孤立する介護者が増大し、特に男性介護者が一人苦しみ悩んだ末、要介護者を殺害する事件が後を絶たない。隠れ介護の存在を拾い上げ、悲劇を未然に防ぐ為のもっと踏み込んだ全国的な実態調査が必要だ。
    (本文)
    少子高齢社会・核家族・女性の社会進出・離婚増加等により、老々介護や現役世代の男性一人での介護といった孤立する介護者が増加している。また、これに比例するように、家族介護者による要介護者の殺害というニュースが連日のように流れ、介護問題は様々な社会問題の原因となっている。先日も私の地元では、認知症の母親の為に仕事を離れ、7~8年間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。