国民年金の付加保険料の周知

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数559
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (要約)
    国民年金制度における付加保険料制度の存在を知らない人は多い。微々たる給付でも非常に得な制度であり、立場によっては有効利用しようとする人は必ずいるはずなので、もっとしっかり周知するようにして欲しい。
    (本文)
    国民の多くが年金制度の行方について大きな不安を持っている。私もその一人だ。将来の制度設計・受給額・受給開始年齢が今後どうなるのか全く見えない所であり、こうした年金不安を払拭出来ないどころか、年金不信を招いた国の数々の行いについて言いたいことは山ほどあるが、そのことを抜きにして現在の制度だけを考えた場合の国民年金制度の一部である付加保険料(付加給付制度)について言いたい。国民年金制度における老年基礎年金の給付額は保険料を全期間、満額納めた場合でも年額にして79万程度である。被用者年金制度に全く、或いは殆ど加入歴のない人にとっては、当然ながらこれだけでは、将来の生活が成り立つわけもなく、これを補うために計画的な貯蓄や、国民年金基金、民間の個人年金等に加入する訳である。その中で、あまり知られていない付加保険料の存在がある。国民年金基金に加入しておらず、保険料免除期間中を除いた国民年金の第1号被保険者に限るという制限があり、給付額もわずかにしかならないが、非常に得な制度で、月々わずか400円の上乗せ保険料で済み、支払った保険料がわずか2年の付加給付の受給で元が取れてしまう。わずかな年金額の為、これを全く意味のない制度だととらえる人もいるかもしれないが、将来に不安を感じながらも、国民年金基金や民間保険に加入する余力がない人や、ほんの少しでもいいから年金額を確保しておきたい人にとってはうってつけの手軽に利用できる救済的制度だと思う。私は書籍によって昔からその存在は知っていたが、私の周辺にいる国民年金の単独加入者は殆ど知らなかった。加入者が増えれば、当然国の負担は増すことになるが、何かと不安を感じながらの生活の中で、この制度の存在を知れば、有効利用しようとする人は必ずいるはずなので、もっとしっかり周知するように取り組んで欲しいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題)
    国民年金の付加保険料制度の周知
    (要約)
    国民年金制度における付加保険料制度の存在を知らない人は多い。微々たる給付でも非常に得な制度であり、立場によっては有効利用しようとする人は必ずいるはずなので、もっとしっかり周知するようにして欲しい。
    (本文)
    国民の多くが年金制度の行方について大きな不安を持っている。私もその一人だ。将来の制度設計・受給額・受給開始年齢が今後どうなるのか全く見えない所であり、こうした年金不安を払拭出来ないどころか、年金不信を招いた国の数々の行いについて言いたいことは山ほどあるが、そのことを抜きにして現在の制度だけを考えた場合の国民年金制度の一部である付加保険料(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。