著作権とファイル共有ソフトについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数371
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (課題)
    著作権とファイル共有ソフト

    (要約)
    ファイル共有ソフトの公開における登録制度の導入や、著作権ファイルは同ソフトには登録できない技術の開発と導入。更に、著作権侵害(ほう助)に関する法を整備すると共に、技術開発の妨げにならない仕組みが必要だ。

    (本文)
    Winnyに代表されるファイル共有ソフトは、ユーザー間で著作権を無視したファイル共有(ダウンロード)が横行し、更には行政組織や企業の機密情報・個人情報といった深刻な情報漏洩をもたらすこととなった。上告されたもののWinny開発者のソフト公開による著作権侵害ほう助にかかわる裁判では無罪判決となり、このようなケースにおいて、厳格な基準が存在せず、法の整備を早急に取り組む必要があることが伺える。以下続く・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題)
    著作権とファイル共有ソフト
    (要約)
    ファイル共有ソフトの公開における登録制度の導入や、著作権ファイルは同ソフトには登録できない技術の開発と導入。更に、著作権侵害(ほう助)に関する法を整備すると共に、技術開発の妨げにならない仕組みが必要だ。
    (本文)
    Winnyに代表されるファイル共有ソフトは、ユーザー間で著作権を無視したファイル共有(ダウンロード)が横行し、更には行政組織や企業の機密情報・個人情報といった深刻な情報漏洩をもたらすこととなった。上告されたもののWinny開発者のソフト公開による著作権侵害ほう助にかかわる裁判では無罪判決となり、このようなケースにおいて、厳格な基準が存在..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。