バリアフリーへの取り組み

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数411
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (要約)
    バリアフリー基本構想を策定済み又は策定予定の自治体は26%しかない。効率的なノーマライゼーションの実体化には、地域主導によるまちづくりが行いやすい環境をつくりだすことも重要な要素だ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題)
    バリアフリーへの取り組み
    (要約)
    バリアフリー基本構想を策定済み又は策定予定の自治体は26%しかない。効率的なノーマライゼーションの実体化には、地域主導によるまちづくりが行いやすい環境をつくりだすことも重要な要素だ。
    (本文)
    先日新聞で、バリアフリー基本構想を策定済み又は策定予定としている自治体は26%しかないという記事をみた。理由は「予算不足」、「体制等の問題で対策に取り組むことが困難」といったものが大部分を占めていた。恐らくその両方の理由を抱えている自治体も多いと思うが、そもそも対策に取り組むこと自体が困難だということは、高齢者や障害者が地域で普通の生活を送ること自体無理だと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。