地方分権の推進と国民の利便性を踏まえた権限移譲について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数301
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (要約)
    無駄遣い・直轄事業負担金・天下り等は一層地方分権の推進を求める要因にもなった。様々な観点からも地方分権は絶対必要だ。その反面、国民の利益・利便性を無視した地方分権だけは避けて欲しい。
    (本文)
    橋下・東国原両知事の出現で、より注目される地方分権は、国にとって避けられない、又地方にとって実現すべき重要課題だ。嫌気がさす程出てくる国の無駄遣いや、不透明な直轄事業負担金、そして天下り。国民にとっては、単に「地方のことは地方で」という観点だけでなく、こうした不信感を抱く問題や既得権益を悪用する一部の官僚体質が一層地方分権を推

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題)
     地方分権の推進と国民の利便性を踏まえた権限移譲について
    (要約)
    無駄遣い・直轄事業負担金・天下り等は一層地方分権の推進を求める要因にもなった。様々な観点からも地方分権は絶対必要だ。その反面、国民の利益・利便性を無視した地方分権だけは避けて欲しい。
    (本文)
    橋下・東国原両知事の出現で、より注目される地方分権は、国にとって避けられない、又地方にとって実現すべき重要課題だ。嫌気がさす程出てくる国の無駄遣いや、不透明な直轄事業負担金、そして天下り。国民にとっては、単に「地方のことは地方で」という観点だけでなく、こうした不信感を抱く問題や既得権益を悪用する一部の官僚体質が一層地方分権を推..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。