自白の強要及び冤罪の防止について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,356
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (要約)
     自白の強要に繋がりかねない取り調べを改善すべく、弁護士の同席を認める権利を制度化し、取り調べの在り方が正当であるのか監視機能を持たせるといった一定の明瞭化を図る必要があるのではないだろうか。
    (本文)
     実際に刑務所で服役まで強いられたものの、DNA再鑑定の結果を受けて行われた再審によって、無期懲役の確定判決が覆った足利事件は、その結末として自白の強要による冤罪事件をもたらし、当時の捜査方法や取り調べの在り方等が非難され、大きな社会問題となった。決して許すことの出来ないこの事件は、未解決事件のままとなってしまったが、誤った警察や検察に

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (課題) 
    自白の強要及び冤罪の防止策について
    (要約)
     自白の強要に繋がりかねない取り調べを改善すべく、弁護士の同席を認める権利を制度化し、取り調べの在り方が正当であるのか監視機能を持たせるといった一定の明瞭化を図る必要があるのではないだろうか。
    (本文)
     実際に刑務所で服役まで強いられたものの、DNA再鑑定の結果を受けて行われた再審によって、無期懲役の確定判決が覆った足利事件は、その結末として自白の強要による冤罪事件をもたらし、当時の捜査方法や取り調べの在り方等が非難され、大きな社会問題となった。決して許すことの出来ないこの事件は、未解決事件のままとなってしまったが、誤った警察や検察に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。