ロールプレイを実施し気付いたこと(社会福祉援助技術演習)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,588
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助に係わるロールプレイを実施することの目的は、様々な援助技術を自ら実践し、また概観することで、具体的な対人援助に関わる基礎技術と対人援助に必要な援助者としての受容的態度・観点等を学ぶことである。
    私は、ロールプレイにおいて、突如倒れ、髄膜炎の診断を受け、麻痺・拘縮・知的退行・記憶障害等が発生し、生活全般に介助を必要とする状態になった夫の妻を演じた。(相談援助者、夫、妻の3者により面談をするシチュエーションでのロールプレイ)自らが行うロールプレイ、そして他者が行うロールプレイを観察する中で、感じたこと、気づいたことをまとめる。
    まず、第一に感じたことは、ロールプレイを通して、援助者とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。