高齢者の特性及び心理的支援

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,542
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     歳を取ると、精神的機能の中心でもある脳の神経細胞が減少・変性等することで、物事に反応することや、判断する速度が遅くなってくる。記憶力にも不利が生じて、意識的に覚える、あるいは取り出すといったことがうまく行えなくなってくる。当然のことながら身体機能も老化するわけだが、例えば、視覚・聴覚・味覚・臭覚等の感覚機能が低下することにより、外界の情報をうまくキャッチすることが困難となり、これが軽度のものであっても日常生活やコミュニケーションに煩わしさをきたし、高齢者には心理的な不安となる。またこういったことが、社会からの引きこもりに繋がる要因になることも考えられる。人格については、抑うつ性が増し、心気性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。