社会保障制度の財政方式

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数610
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     公的年金制度の財源を調達する方式には、保険料という形で徴収する社会保険方式と、税金によって徴収する税法式があり、日本では社会保険方式が採用されている。また他の先進諸国も社会保険方式を採用している。
    しかし、日本は異常なまでのスピードで「高齢化社会」から「高齢社会」に到達し、今後も更に急激な高齢化が進むとされており、老後を保障するべく公的年金制度を持続可能な確固たる制度として運用する為に、財源をいかに確保するかは、大きな課題である。その為、少子化対策・パートに対する社会保険の適用問題等に並んで、基礎年金部分だけを、消費税で賄う税法式の議論も出てきている。
     では、日本で採用されている社会保険方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。