わが国の高齢社会の現状と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数4,129
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在日本では、高齢化が大きな社会問題となっており、その主たる要因として女性の晩婚化・出産年齢の高齢化・未婚化という社会現象や社会不安による出生率の低下と、平均寿命の伸長による長寿命化の2つがあげられる。今後の日本社会・経済にとって高齢化の影響は計り知れず、将来に向けてその対策は急務となっている。
    一般に65歳以上人口のことを老年人口、また老年人口の比率が7%を超えた社会を「高齢化社会」、14%を超えた社会を「高齢社会」と呼んでいるが、日本では1970年に7%を超えた後1994年には14%を超え高齢社会に突入した。更に2005年にはとうとう20%を超えるまでになった。日本と同様に他の先進諸国でも高齢化は大きな社会問題となっているが、最大の違いは高齢化のスピードにある。「高齢化社会」から「高齢社会」への所要年数を比較すると、フランスが114年、スウェーデンが82年、アメリカが69年、イギリスが46年、ドイツが42年となっており、これらに比べると日本はわずか24年という極端に短い期間で推移しており、群を抜くスピードで高齢化が進行している。今後もさらに急激な高齢化が進むと予想されており、205..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。