特別活動研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数484
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。
     ⇒①学校行事の目標 
    学校行事は学校生活に秩序と変化を与え、集団への所属観を深め、児童の心身の健全な発達をはかり、併せて学校生活の充実と発展に資する体験的な活動を行うことを目標としている。学校における教育活動は、学習指導要領にそって年間の授業内容が決められている。それを基に1学期、1ヶ月、1週間と教育計画が立てられている。そして日々の学校生活は、1週間を単位として定められた日課表に基づいて生活が繰り返されている。そのため、単調になりやすいのである。しかし、学校行事を1年間にわたり適切に計画し、実施することによって、子どもの生活に節目をつけることができる。学校生活に転機と変化を与えるのである。学習指導要領の第4章特別活動の第2内容で示されている儀式的行事が主にその機能を顕著に表していると言える。具体的な活動としては、入学式、卒業式、始業式、終業式、朝会、記念式、離着任式などが挙げられる。これらの行事があることで、子ども達は四季の移り変わりを感じながら、その学年での日々を過ごし成長していくのである。
    学校行事が適切にしかも効果的に行われるためには、学校の教育活動が調和の取れたものであることが要求される。また、日常の各教科の学習が充実したものであることによって学校行事も効果を上げ、真に学校生活を豊かな実りのあるものにすることが出来るのである。さらに学級の枠を超え、学級を中心とした学習では得られない体験や経験を得ることができる。大きな集団で活動するため、集団での所属感、一体感が深められ、規律、協同、責任など集団行動における望ましい態度を育てることにつながるのである。
    ②学校行事の特質
    以上に述べたことから学校行事の特質は、大きく分けて三つに要約することが出来る。第1に、学校生活に秩序と変化を与え、児童の生活をより楽しく、明るく、豊かに充実させる教育活動である。第2に、総合的かつ実践的な教育活動である。3つ目に、学年ないし全校というより大きな場における集団活動であり、それを通して集団行動における望ましい態度の育成が目指される教育活動である。
    ③学校行事の活動例
    学校行事には①②に述べた目標・特質を網羅する条件が必要とされる。また、学年ないし全校的な場における教育活動であること、さらに指導計画に基づき、教育課程の一環として実施される教育活動であることが求められる。学校行事の種類は、(1)儀式的行事(2)学芸的行事(3)健康安全・体育的行事(4)遠足・集団宿泊的行事(5)勤労生産・奉仕的行事がある。ここでは、(3)の健康安全・体育的行事の代表とも言える「運動会」を取り上げる。
    健康安全・体育的行事のねらいは、 「心身の健全な発達や健康の保持増進などについての関心を高め、安全な行動や規律ある集団行動の体得、 運動に親しむ態度の育成、責任感や連帯感の涵養、体力の向上などに資するような活動を行うこと。」とされている。これらのことから、特別活動の一つとされている運動会ではあるが、その性格から考えれば、 教科体育との関連は密接なものがある。さらに、体力の向上及び保持増進という観点から考えると、 小学校学習指導要領総則1の3において「学校における体育に関する指導は、 学校の教育活動全体を通じて適切に行うものとする。」と示されている通り、 学校における他の教育活動との関連も考えていかなくてはならないというこ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。
     ⇒①学校行事の目標 
    学校行事は学校生活に秩序と変化を与え、集団への所属観を深め、児童の心身の健全な発達をはかり、併せて学校生活の充実と発展に資する体験的な活動を行うことを目標としている。学校における教育活動は、学習指導要領にそって年間の授業内容が決められている。それを基に1学期、1ヶ月、1週間と教育計画が立てられている。そして日々の学校生活は、1週間を単位として定められた日課表に基づいて生活が繰り返されている。そのため、単調になりやすいのである。しかし、学校行事を1年間にわたり適切に計画し、実施することによって、子どもの生活に節目をつけることができる。学校生活に転機と変化を与えるのである。学習指導要領の第4章特別活動の第2内容で示されている儀式的行事が主にその機能を顕著に表していると言える。具体的な活動としては、入学式、卒業式、始業式、終業式、朝会、記念式、離着任式などが挙げられる。これらの行事があることで、子ども達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。