脳性麻痺

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,295
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    脳性麻痺頚性型関わり方

    代表キーワード

    脳性麻痺

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【脳性麻痺とは】
    受胎から新生児期までの間に生じた脳の非進行性病変に基づく、永続的な、しかし変化し
    うる運動及び姿勢の異常である。その症状は満 2 歳までに発現する。進行性疾患や一過性
    の運動障害、または将来正常化するであろうと思われる運動発達遅滞は除外する。(厚生省
    脳性麻痺研究会、1968)
    【診断基準と随伴障害】(※1)
    脳性麻痺の診断は、①原始反射・発達の異常、②運動発達の遅れ、③筋トーンの異常、を
    基になされる。また、様々な随伴障害としては、知能障害、てんかん発作、視覚障害、聴
    覚障害、呼吸障害、摂食・嚥下障害などが挙げられる。
    【原因】(※1)
    脳性麻痺の原因は、発生時期に応じて、①出生前②出生時(周産期)③出生後の3群に分
    けられる。
    ① 出生前原因としては、胎内感染、胎盤機能不全、胎児期の脳血管障害、遺伝性などがあ
    る。
    ② 出生時原因としては、分娩時の機械的損傷、脳出血、無酸素症、低酸素症、脳循環障害
    などがある。
    ③ 出生後原因としては、重症黄疸(核黄疸)、頭蓋内感染症、脳出血などがある。近年の
    周産期医学の進展により、古典的三大原因(周産期仮死、未..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。