子どもの発達

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,639
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    発達運動社会性情緒

    代表キーワード

    子どもの発達

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもの発達まとめレポート
    子どもの発達には様々な観点がある。そこで、運動・情緒・社会性・遊び・言葉・認知
    の 6 つの領域から彼らの発達を見ていく。初めは、運動の発達についてである。運動の領
    域は、移動運動と手の運動の二つについて述べる。初めは移動運動である。乳幼児は、生
    まれてまもなくから、ルーティーン反射やモロー反射などの原始反射が可能である。その
    後、3 ヶ月程度で頸が座り、4 ヶ月から 6 ヶ月程度で寝返りがうてるようになるのである。
    8 ヶ月程度ではいはいで自分の思ったところへ移動可能となり、ちょうど 1 歳になる頃には
    自分の足で立ち上がって歩く事ができるようになるのである。その後は、より複雑な移動
    運動が可能になる。例えば片足で立ったりボールを蹴ったり、両足をそろえてジャンプし
    たりすることが可能になるのである。3 歳になる頃に、移動運動はほとんど完成し、スキッ
    プをしたりでんぐり返しが出来るようになったりするのである。
    次は、手の運動発達について述べる。生後 1 ヶ月から 2 ヶ月くらいの間は手を握りっぱ
    なしにしている事が多く、親指を中にして握る把握反射などが見..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。