生命科学 課題まとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数668
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ディベト
    目次 1『種という単位は存在するVS存在しない』
       2『人間の行動特性の個人差は文化で決定されるVS遺によって決定される』
       3『生物の性質は基本的に種の保存のために進化したVS個の保存のために進化した』
       4『電車で見知らぬ老人に席をる』というような人間の利他行動は文化や道として受けがれてきたVS遺的に行われてきた』
       5『出生前診の無料化によるに賛成VS反対』
       6『ヒトは本一夫多妻の動物VS一夫一妻の動物』
       7『湖へ、そこにもともと居なかった有用魚を放流することに賛成VS反対』
       8『商業捕鯨に賛成VS反対』
       9『遺子組み換え食品に賛成VS反対』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ディベート
    目次 1『種という単位は存在するVS存在しない』
       2『人間の行動・特性の個人差は文化で決定されるVS遺伝によって決定される』
       3『生物の性質は基本的に種の保存のために進化したVS個体の保存のために進化した』
       4『電車で見知らぬ老人に席を譲る』というような人間の利他行動は文化や道徳として受け継がれてきたVS遺伝的に行われてきた』
       5『出生前診断の無料化による奨励に賛成VS反対』
       6『ヒトは本来一夫多妻の動物VS一夫一妻の動物』
       7『湖へ、そこにもともと居なかった有用魚を放流することに賛成VS反対』
       8『商業捕鯨に賛成VS反対』
       9『遺伝子組み換え食品に賛成VS反対』
    1.種という単位は存在するVS存在しない
    <種という単位が存在しないという立場>
     種とは、元来同じ形態的特徴を持った形態的種という個体の集まりの事を呼んだ。しかし、突然変異などにより生じた変異の幅が大きくなるにつれてこの境界を引く事が難しくなった。そこで、交配可能な個体で他の個体とは交配しない個体の集まりである生物学的種という新たな括りが作られた。もっとも、この括..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。