地域福祉の理論と方法第1回

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数389
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「地域福祉の理論と方法第1回」
    1.地域福祉の基本的な考え方について述べなさい。
     地域福祉とは何かを考える場合には、それが社会福祉の一つの新しいサービスシステムとしての発展段階である以上、当然のことながら社会福祉の考え方、目的とかかわってくる。しかしながら、社会福祉とは何かと考えた時、国民の間に必ずしも共通の理解ができあがっているわけではない。昔から、家族や親類、あるいは生活圏域、生産圏域を同じくする地域共同体で支えることができなかった「鰥寡孤独」や「生老病死」にどう立ち向かうかは大きな課題であった。
     社会福祉とは語源的に言われる“食べ物などが満ち足りたこと”を意味する「福祉」的状態を目指す「社会制度」である以上、国民生活を快適な、満たされた状況におくことが目的となる。しかもそれは、社会保障や公的扶助のような経済的所得保障制度と異なり、直接的対人援助関係を前提にして成り立つサービスであると考えられる。
     地域福祉に求められている基本的な考え方は、社会福祉サービスを必要としている人を地域から隔離することなく、かつサービスを必要としている人とサービスを提供する機関・施設とが、点と点を結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。