精神保健福祉援助技術各論第1回

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数171
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉援助技術各論第1回」
    精神障害者に対する各専門援助技術の方法について述べなさい。
     ケースワークの展開過程は、インテーク→情報収集→事前評価(アセスメント)→計画(プランニング)→介入(インターベーション)→モニタリング→事後評価(エバァリュエーション)→終結(ターミネーション)によって示すことができる。
     その展開過程における最初の局面となる「インテーク」は、相談者(クライエント)の主訴を明らかにし、そのうえで援助の緊急性や継続性などの状況を把握することによって、精神保健福祉士が所属する機関や施設で対応するか否かを判断する重要な機会になる。そして、引き続き援助や支援の関係を進めていくことについて相談者との間で合意が得られれば、その準備段階としての事前評価を行うための「情報収集」から「アセスメント」の段階に移行する。
     事前評価となるアセスメントの局面では、クライエントの福祉ニーズを明らかにするために必要な情報収集、整理、分析を行うとともに、そこでの問題状況や課題解決の方策を判断し、相談者の福祉ニーズを充足するために、クライエントが援助過程に関与できるような援助の手順や必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。