精神保健福祉援助演習第2回

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数196
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神保健福祉援助演習第2回」
    各自の体験学習によって理解した精神保健福祉活動の方法と技術について、自己反省を含めて論述しなさい。
     
     演習での到着すべき学習目標については、精神保健福祉士養成カリキュラムのシラバスで次のように記述されている。
    1.精神保健福祉士の専門的援助技術及びリハビリテーション技法について、実技指導を中心とする演習形態により具体的事例を取り上げ、個別指導及び集団指導を通してその精度を高めつつ習得させる。
     専門的援助技術とは、科目で述べれば「精神保健福祉援助技術総論」「精神保健福祉援助技術各論」のことであり、リハビリテーション技法とは「精神科リハビリテーション学」のことである。
     特に、理解して身につけてほしい視点や方法には、以下のようなことが含まれる。
    精神障害者の人権や主体性の尊重
    エンパワメントやストレングスの視点
    コミュニティソーシャルワークの考え方
    チームアプローチ
     利用者を理解し、援助関係が形成でき、有効な援助が展開できるようになるためには、いくつもの習得課題がある。例えば、話を聞く、聞いたことやニーズを的確に理解する、質問に答える、言葉でわかるよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。