地域福祉の理論と方法②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数555
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士のレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     NPOという概念が一般化してきたのは、阪神・淡路大震災以降であり、特に、70年代以降のボランティア活動に関する制度政策は急速な社会変化に対応できず、行動経済成長期から公害問題や環境問題、国際理解、平和問題など社会的課題が顕著になってくる。80年代頃になると、障害者の生活圏拡大と自立支援など当事者活動をはじめとして、高齢者の生活支援など食事サービス、移送サービス、訪問・家事援助サービスなどボランタリズムによる支えあい・見守りの活動が住民参加型福祉サービスとして広がりをみせてくる。NPOは市民が主体となった新たな公共的活動であり、特に、ボランティア活動の原則といわれてきた自主性・自発性・社会性・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。