地域福祉の理論と方法①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数552
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士のレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉の目的である自立生活の意味を考えると、それは次の六つの要件を満たし、それらが相互的に有機化して展開している状況だということができる。自立生活を成り立たせる六つの要件とは、①労働的・経済的自立、②精神的・文化的自立、③身体的・健康的自立、④社会関係的・人間関係的自立、⑤生活技術的・家政管理的自立、⑥政治的・契約自立である。
     わが国の場合、歴史的に税金による公的扶助として救貧制度が展開されてきたために、社会福祉の目的である自立生活を支援する対人援助サービスとしての社会福祉と所得保障としての公的扶助とが混在してしまった。結果として社会福祉は貧困者のためのものであり、そのサービス水準は一般..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。