相談援助の理論と方法④

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数431
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士のレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉の理論と実践のなかで、伝統的で中心的な援助技術として位置づけをされている個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(以下グループワーク)ある。
     グループワークは、社会福祉と社会教育の分野の両方にまたがって発展してきた。
     グループワークは、ケースワークやコミュニティワークとともに、北米社会より紹介され、社会福祉の援助活動場面への導入に向け、多大な努力が払われてきた。我が国の、他の援助技術と比べ、特異な背景を抱え、社会福祉実践現場のなかに定着できないままにある。
     グループワークは、一人ひとりのメンバーがもつ多様な欲求をグループ活動を通じていかに充足するかに焦点を当てることになる。1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。