相談援助の理論と方法③

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数501
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士のレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワークは、その対象を「人とその環境」の交互作用の視点で把握して援助するといわれる。人は何らかの環境に取り囲まれ、生活していることは自明の理である。この人と環境の交互作用を焦点として援助理論を確立したところに、ソーシャルワークの視点がある。
     リッチモンドは、「人間と社会環境との間を個別に、意識的に調整することを通してパーソナリティを発達させる過程からなりたっている」ものとしたが、ソーシャルケースワークのはたらきかけは、個人と社会環境に関する洞察を前提にして、「心から心へ働きかける直接的活動」と「社会環境を通じて働きかける間接的活動」に区別される。
     この「人と環境」という用語は、時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。