相談援助演習②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数587
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士のレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「バイスティックの7原則」
     ①クライエントを固有な個人としてとらえる(個別化の原則)
    利用者の抱える問題は、個別の事情や背景をもち、それぞれ異なるものである。又、その人なりの考え方や価値観をもっているので、唯一無二の存在として尊重されなければならない。
     ②クライエントの感情表現を大切にする。
     ワーカーは、問題や困難に関係する感情を意図的に吐露させる。これにより、気持ちが落ち着き、問題や困難、自分自身を客観的に振り返ることができるようになる。
     ③援助者は自分の感情を自覚して吟味・抑制する(統制された情緒的関与の原則)
     ワーカーは利用者と面接するとき、その感情や情緒にはまり込むことなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。