相談援助演習①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,183
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士のレポートです

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ソーシャルワーカーとして、利用者との初対面時の自分自身の特徴を知ることは、自己覚知の一つであり、自分の性格や行動を修正し、適した対応を行っていくために役立つ。また、自己覚知は自分独自の価値観や先入観だけで対応しないように自己を客観的に把握し、自己啓発や利用者にマイナスの影響を与える態度や行動を統制するためにも役立つ。
     近年、超高齢化対策として介護保険制度の導入、それに伴う社会福祉事業の見直し、いわゆる社会福祉基礎構造改革が行われ、クライエントの選択、質の高いサービス、効率のよい総合的サービス提供、他職種との連携等が重視されるようになった。
     その為、より高度な知識や技術をもつ専門職の養成が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。