地域の子どもや家庭の相談援助機関

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数514
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域の子どもや家庭の相談援助機関として10カ所の代表的な機関をあげると、児童相談所、福祉事務所、保険所、児童委員、児童家庭支援センター、地域子育て支援センター、知的障害児施設、児童養護施設、母子保健センター、児童厚生施設等がある。
     児童相談所は、家庭その他からの相談や通告により、児童・家庭の把握と充足のための方策を講じ、児童の福祉を図っていくための中枢的役割を果たしている専門機関。調査、診断、判定、それに基づく指導、施設への入所等措置。必要に応じ児童の一時保護も行う。今後の課題としては、相談件数は年々増加の一途をたどり、施設入所待機やその他の事情で年内に処理できないものが約2万件にのぼって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。