障害のある人の人権を守るとは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数235
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     知的障害者施設に関わる事例をお話します。「知的障害者福祉法」第1条では、「知的障害者を援助するとともに必要な保護を行い、もつて知的障害者の福祉を図ること」法の目的としている。「誰にとっての福祉を図るのか」と言う点を考えたいと思う。本人が施設において生活したいという意子を持つ場合はまれで、家族や周囲の意向により施設入所が希望される場合がほとんどである。在宅施策が十分でない為、入所を希望せざるを得ない。本来は、多様な生活形態の中から、本人が選ぶものである。親が将来の心配から、「今」施設入所を勧めるのは、果たして本人のためになっているのであろうか。知的障害者の入所期間は非常に長い。極端に言うと18..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。