グループホームの役割と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数590
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     グループホームは、住宅と施設双方の課題を乗り越える可能性を秘めたケアの形として登場した。住みなれた自宅ではないけれど、家庭的な雰囲気のなかで時間がゆったりと流れ、専門のスタッフにさりげなく見守られながら、一人ひとりがその人らしい生活のスペースを再構築していく。そんな場が求められてきた。その結果、痴呆症自体は治癒するわけではないが、その進行を遅らせたり、随伴症状が著しく改善された状態で暮らしを続けられるようになる。さらに、「もう一つの家」であるグループホームがあることによって、家族との程良い距離が確保できるようになり、お互いがもう一度出会い直すことも可能になる。厳密な意味では住宅ではないが、往..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。