古代メソポタミア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数686
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メソポタミアとは、古代のギリシャ語で「二つの河の間」を意味し、河とはチグリス川・ユーフラテス川のことである。これらの川に挟まれて洪水と乾燥を繰り返すこの土地では、灌漑によって農業が発達し、紀元前3500年頃、今のイラクを中心に栄えていた初めての文明が生まれた。この頃から絵文字や数字が使われ、紀元前3000年頃には最古に属す楔形文字へと発展した。これは粘土板に葦の茎で記されたもので、文章として保存した。
    古代メソポタミアには主に4つの文明があった。
    紀元前2800年頃のシュメール文明は、シュメール人による人類最初の都市国家を生んだ文明である。シュメール人が何処から来たのかは未だ歴史上の謎であるら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。