精神保健福祉施策の概要について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数294
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、精神障害とは
    精神障害とは、いわゆる精神病と呼ばれ、平均から偏奇した精神状態のすべてを包括する上位と定義されている。そして、WHOの健康の定義については「健康とは単に、病気ではないということではなく、身体的にも、精神的にも、社会的にもwell-being(健康かつ幸福)な状態を言う」と記されている。しかし、実際には精神病と同義的に狭く理解するものがあったり、非精神病性のさまざまな問題をもこれを含める場合があったり、その輪郭はきわめて漠然としている。
     精神疾患の診断における留意点はまず、診断基準の難しさが挙げられる。その難しさとは一つ目に客観的なデータに基づく診断基準が存在しないことである。他の医学領域では例えば、肝臓障害では肝臓の動きを示す肝機能検査があり、健康人においても正常値が経験的に定められている。その数値により上位疾患か下位疾患かどうかを見極め、治療方法もそれに基づき決定され、実行される。予後も統計的に予測され、患者や家族の不安や負担もそれだけ軽くなる。ところが精神障害はいわゆる「正常」と「異常」の判断にも、様々な社会的、哲学的な問題が含まれており、その境界は決めがたい。
     二つ目は精神障害の生物学的原因がほとんど知られていない。したがって精神障害の診断については、診断者の主観と経験にもとづ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉施策の概要について述べよ
    1、精神障害とは
    精神障害とは、いわゆる精神病と呼ばれ、平均から偏奇した精神状態のすべてを包括する上位と定義されている。そして、WHOの健康の定義については「健康とは単に、病気ではないということではなく、身体的にも、精神的にも、社会的にもwell-being(健康かつ幸福)な状態を言う」と記されている。しかし、実際には精神病と同義的に狭く理解するものがあったり、非精神病性のさまざまな問題をもこれを含める場合があったり、その輪郭はきわめて漠然としている。
     精神疾患の診断における留意点はまず、診断基準の難しさが挙げられる。その難しさとは一つ目に客観的なデータに基づく診断基準が存在しないことである。他の医学領域では例えば、肝臓障害では肝臓の動きを示す肝機能検査があり、健康人においても正常値が経験的に定められている。その数値により上位疾患か下位疾患かどうかを見極め、治療方法もそれに基づき決定され、実行される。予後も統計的に予測され、患者や家族の不安や負担もそれだけ軽くなる。ところが精神障害はいわゆる「正常」と「異常」の判断にも、様々な社会的、哲学的な問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。