生活習慣とはなにか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数255
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、生活習慣とは
    生活習慣病とは、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、高尿酸結晶など生活習慣が深く関与して発症する疾患の総称である。生活習慣病はほかにも、喫煙による肺がん、慢性気管支炎、肺気腫があり飲酒に関するものは、アルコール肝炎などがある。
     生活習慣病の発症要因は「遺伝要因」「外部環境要因」「生活習慣要因」の3つに分けることができる。遺伝要因は主に加齢、遺伝子異常などで、外部環境要因は病原体や有害物質、事故、ストレッサーなどがある。そして、ほとんどの原因である生活習慣要因は食生活、運動不足、喫煙、過度の飲酒などになる。
     主に食生活から引き起こされる生活習慣病は糖尿病、肥満、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、大腸がん、歯周病などで、運動習慣から引き起こされる生活習慣病は糖尿病、肥満、脂質異常症(高脂血症)、高血圧となる。
     2、生活習慣の予防
    生活習慣の予防については、一次予防、二次予防、三次予防の三つに分けられる、まず、一次予防とは生活習慣を見直し、環境改善などにより、病気の発生そのものを予防するもので、一般的には予防とはこの一次予防のことをさすことが多い。二次予防とは、人間ドックや健診などで病気または病気になりそうな状態を早期発見、早期治療することによ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活習慣とはなにか
    1、生活習慣とは
    生活習慣病とは、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、高尿酸結晶など生活習慣が深く関与して発症する疾患の総称である。生活習慣病はほかにも、喫煙による肺がん、慢性気管支炎、肺気腫があり飲酒に関するものは、アルコール肝炎などがある。
     生活習慣病の発症要因は「遺伝要因」「外部環境要因」「生活習慣要因」の3つに分けることができる。遺伝要因は主に加齢、遺伝子異常などで、外部環境要因は病原体や有害物質、事故、ストレッサーなどがある。そして、ほとんどの原因である生活習慣要因は食生活、運動不足、喫煙、過度の飲酒などになる。
     主に食生活から引き起こされる生活習慣病は糖尿病、肥満、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、大腸がん、歯周病などで、運動習慣から引き起こされる生活習慣病は糖尿病、肥満、脂質異常症(高脂血症)、高血圧となる。
     2、生活習慣の予防
    生活習慣の予防については、一次予防、二次予防、三次予防の三つに分けられる、まず、一次予防とは生活習慣を見直し、環境改善などにより、病気の発生そのものを予防するもので、一般的には予防とはこの一次予防のことをさすことが多い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。