障害者福祉施策の概要について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数292
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    わが国の障害者福祉の大きな節目となった法律として、1970年に制定された「心身障害者対策基本法」がある。その後、1981年の「国際障害者年」や「国連・障害者の十年」(1983~1992年)等により、わが国の障害者福祉は大きな影響を受け、1993年に「障害者基本法」と改められた。また、近年の障害者関連施策の動向を踏まえ、2004(平成16)年に大幅な見直しがなされた。そして、障害者福祉に関する基本的な施策は、医療、教育、労働、所得保障、住宅、社会福祉などの11分野に整理され実施されている。
    障害者基本法の主な内容は、第1条で障害者の自立と社会参加の

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「障害者福祉施策の概要について述べよ」
    わが国の障害者福祉の大きな節目となった法律として、1970年に制定された「心身障害者対策基本法」がある。その後、1981年の「国際障害者年」や「国連・障害者の十年」(1983~1992年)等により、わが国の障害者福祉は大きな影響を受け、1993年に「障害者基本法」と改められた。また、近年の障害者関連施策の動向を踏まえ、2004(平成16)年に大幅な見直しがなされた。そして、障害者福祉に関する基本的な施策は、医療、教育、労働、所得保障、住宅、社会福祉などの11分野に整理され実施されている。
    障害者基本法の主な内容は、第1条で障害者の自立と社会参加の促進を目的として規定するとともに、「完全参加と平等」の趣旨も盛り込んでいる。第2条では障害者とは「身体障害、知的障害又は精神障害があるため、継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう」と定義している。第3条では基本理念として「何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない」とした。この他、障害者の尊厳やあらゆる分野への活動に参加することが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。