集団援助技術(グループワーク)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数317
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    集団援助技術(グループワーク)とは、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、「個人」一人ひとりの問題を解決させ、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。
     集団援助技術(以下グループワーク)におけるグループとは、複数の人間が何らかの共通した意識に基づいて相互に働きかけている状態と定義できる。グループを形成するためには、グループを構成するメンバーが必須となるが、このメ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術(グループワーク)について。
     集団援助技術(グループワーク)とは、「集団」を構成する「個人」同士の間に働く相互作用を活用して、「個人」一人ひとりの問題を解決させ、ニーズの充足を達成するための技術・方法である。
     集団援助技術(以下グループワーク)におけるグループとは、複数の人間が何らかの共通した意識に基づいて相互に働きかけている状態と定義できる。グループを形成するためには、グループを構成するメンバーが必須となるが、このメンバーを決めてグループを編成することをグルーピングという。グルーピングには二つのパターンがある。一つは、目的や課題の設定以前に、メンバーが決まっている場合である。施設などの基礎生活集団を対象にグループワークを行う場合や、既成の市民グループからの依頼に基づいてグループワークを行う場合などがこれに当たる。もう一つは、ある目的や課題の達成のためにグループワークを採用するとき、グルーピングが行われるという場合である。この場合は、誰をメンバーにするのか、あるいはどういった人がメンバーとなる資格を有するのか、といったメンバーシップの観点からグルーピングを考えていかねば..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。