高齢者が求める福祉専門職について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数352
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    わが国は、近年平均寿命が著しい伸びを示すとともに、核家族化や女性の社会進出など社会的変化がみられ、それは社会的には高齢化の進展に伴うひとり暮らしの高齢者や家族介護の困難な要介護高齢者の増加を促した。
     ひとり暮らしの高齢者等は、日常生活動作は一部援助によってなんとか可能になることがあるが、なんらかの疾病があり、身体機能が低下している。そのため高齢者の精神状態は不安であり、孤独な気持ちである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「高齢者が求める福祉専門職について述べよ。」
     わが国は、近年平均寿命が著しい伸びを示すとともに、核家族化や女性の社会進出など社会的変化がみられ、それは社会的には高齢化の進展に伴うひとり暮らしの高齢者や家族介護の困難な要介護高齢者の増加を促した。
     ひとり暮らしの高齢者等は、日常生活動作は一部援助によってなんとか可能になることがあるが、なんらかの疾病があり、身体機能が低下している。そのため高齢者の精神状態は不安であり、孤独な気持ちである。
     また、精神面だけでなく、生活していく上で欠かすことのできない、衣食住の整備、金銭管理、近隣や親戚との付き合い、地域における共同作業など、すべてひとりでやらなければならない。
     生活を共にして、健康状態を見る人がいないため、病気や怪我のとき手当てが遅れ、命にかかわることになってしまうことがある。
     しかし、一番の問題は、経済面であるといえる。経済基盤が脆弱なため、出費をおさえ、衣食住に関しても改善ができず、生活情報がないため不便な生活をしている。
     そのための対応策として、介護福祉士が誕生し、ホームヘルパーが法制化され、さらに介護を支える介護保険制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。